シエンタの燃費向上!旧型から燃費は改善されたのか?

燃費

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタは2015年に旧型からフルモデルチェンジを行い、デザイン性や機能性等大きく向上させました。

特にデザイン性に関してはちょっと可愛いようなデザインから、一気にカッコいいようなデザインへと変貌したため分かりやすいですよね。

しかし、外装や内装とは違って燃費となると話は別で、一見どのように変わったのかわかりません。

そこで今回の記事ではシエンタの燃費について注目し

「シエンタの燃費向上!旧型から燃費は改善されたのか?」

という内容でお届けします。

シエンタの新型モデルは、旧型よりもどの程度の燃費向上を果たしたのか。

実燃費についても旧型新型それぞれ紹介していきますので、ぜひこの記事を読み進めてください。



シエンタの旧型の燃費はどのくらい?

引用元:http://kakaku.com/item/K0000287178/images/

シエンタの旧型の燃費は2WD、4WD別にそれぞれまとめると以下になります。

2WD

グレード 燃費
シエンタ2014年モデル X 17.2㎞/L
シエンタ2014年モデル XLパッケージ 17.2㎞/L
シエンタ2014年モデル DICE 17.2㎞/L
シエンタ2014年モデル DICE-G 17.2㎞/L
シエンタ2014年モデル G 17.2㎞/L
シエンタ2012年モデル DICEリミテッド 19.2㎞/L

4WD

グレード 燃費
シエンタ2014年モデル X 13.2km/L
シエンタ2014年モデル XLパッケージ 13.2km/L
シエンタ2014年モデル DICE 13.2km/L
シエンタ2014年モデル DICE-G 13.2km/L
シエンタ2014年モデル G 13.2km/L
シエンタ2012年モデル DICEリミテッド 14.0km/L

DICEリミテッドに関しては特別仕様車ということもあってか、燃費はシエンタ旧型のグレードの中では一番良い19.2km/Lをマークしています。

そしてこの当時、シエンタはミニバンという仕様にも関わらず、軽自動車にも負けない燃費を誇っていたということでその燃費性能は同程度の車種と比べ、トップクラスでありました。

実際に燃費に関しては「抜群に良い」という声も当時ありましたので、シエンタの旧型は燃費という面では他社と一線を画していたということになるでしょう。



シエンタ新型車は旧型から燃費向上したのか?

上記で紹介したように、あくまでも同程度のクラスの車と比べてですが、シエンタの旧型の燃費は他社とは一線を画すほど優れていました。

それではそのシエンタの新型モデルの燃費は旧型からどのように進化したのか、改善したのかというと以下になります。

2WD

グレード 燃費
シエンタ2017年モデル G Cuero 20.2km/L
シエンタ2017年モデル ハイブリッド G Cuero 27.2km/L
シエンタ2015年モデル XVパッケージ 20.6km/L
シエンタ2015年モデル X 20.2km/L
シエンタ2015年モデル G 20.2km/L
シエンタ2015年モデル ハイブリッドX 27.2km/L
シエンタ2015年モデル ハイブリッドG 27.2km/L

4WD

グレード 燃費
シエンタ2017年モデル G Cuero 15.4km/L
シエンタ2015年モデル XVパッケージ 15.4km/L
シエンタ2015年モデル X 15.4km/L
シエンタ2015年モデル G 15.4km/L

2WD、4WD共にシエンタの燃費は旧型以上になったということが分かるでしょう。

比べてみれば明らかですね。

さらにシエンタは従来までのガソリン駆動だけでなく、モーターでもガソリンでも動くというハイブリッド型のシエンタも新型になり販売しています。

そのため旧型よりもさらに燃費向上を果たしています。

よって以上により、シエンタの新型は旧型よりもさらに燃費向上を果たし、燃費性能を改善したということになります。

ちなみにですが、シエンタは2018年にマイナーチェンジを行い、同年の9月11日に新型を発売開始します。

それによりさらに燃費向上を果たすのでは、具体的に言うとシエンタの新型のハイブリッド車の燃費が28.0km/Lに到達し、他社の燃費性能を引き離すのではとみられています。

旧型よりさらに燃費向上を果たしたシエンタがマイナーチェンジによりさらに燃費向上を果たすのか、この点にも注目してみてはいかがでしょうか。



シエンタの旧型と新型の実燃費を比較!

シエンタの旧型と新型の実燃費について比較していきます。

まずシエンタの旧型の実燃費ですが、燃費情報が集まるサイトe燃費によりますと、

  • 2WDで13.44km/L
  • 4WDで13.05km/L

です。

そこまで2WDと4WDで実燃費が変わらないということも、シエンタ旧型の燃費性能の良さを表しているといえるかもしれませんね。

ちなみに2WDと4WDそれぞれの最高実燃費は25km/L(2WD)と18km/L(4WD)です。

もちろん信号があまりなく止まること無く走り続けられたなどの理由も背景にあるかと思いますが、シエンタの旧型でも走行方法によってはこういった高い実燃費を出すこともできます。

そして、シエンタの新型の実燃費は、同じく燃費情報が集まるサイトe燃費によりますと、

  • 2WDで14.67km/L
  • 4WDで12.46km/L

です(ハイブリッド型は除いた実燃費になります)。

ハイブリッド型の方の実燃費は19.37km/L(2WD)です。

この結果には少し残念な思いである方も多いのではないでしょうか。

ハイブリッド型は流石に旧型よりも大幅に優れている実燃費ですが、それ以外のシエンタの新型は旧型とそこまで実燃費が変わっていない、4WDに至っては旧型の方が優れているという結果になりました。

「本当にシエンタの新型は燃費向上したのか?」という疑問や、「安い旧型を買えばよかった」という後悔をお持ちの方もいることと思います。

しかしこれはあくまでも実燃費で、ユーザーの走行方法により結果は大きく変わってくるものです。

実際、シエンタの新型での最高実燃費は30km/Lという情報がありますし、ハイブリッド型の方はと言うと37km/Lという情報があります。

走行方法や条件によってはここまで変わってくるものなので、シエンタの旧型と新型の実燃費を比較した際の結果に落胆した、新型を買って後悔したという方は、ご自分で燃費にやさしい運転を心がけることをおすすめします。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタの燃費向上!旧型から燃費は改善されたのか?まとめ

シエンタは「旧型よりも新型の方が燃費向上している」という結論になります。

旧型からフルモデルチェンジを行ったので、燃費向上したというのは自然な流れです。

しかしながら、カタログ燃費は向上していても、記事内で紹介した通りユーザーの運転技術によっては、旧型以下の実燃費になることもあります。

これではせっかくのシエンタの新型が宝の持ち腐れとなってしまいますので、燃費に悩む方はぜひご自身の運転技術を見直してみてください。

急発進をしない、近場へはできるだけ車は使わない、といったことも燃費向上につながります。

ポテンシャルは新型の方が高いので、運転技術を磨けば磨くほど燃費性能の良さを実感できるはずです。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら