新型シエンタで雪道走行するなら4WD、2WDのどちらが良い?

雪道

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

スキーやスノボが趣味なら車は必需品です。車の購入を考える際にも雪道走行を考慮した車を考えるはず。

4WDと2WDがラインナップされている「コンパクトサイズのミニバン」シエンタも選択肢の一つなのではないでしょうか?

大き過ぎず小さ過ぎずの新型シエンタは、雪道走行以外でも活躍できる使い勝手の良い車です。

スキー・スノボに行くには荷物もかさばりますが、大人数でゲレンデに行くこともできるのが新型シエンタです。

新型シエンタには2WDと4WDがありますが、雪道走行に必ずしも4WDが良いとは限りません。

むしろ雪道走行以外の条件で走ることのほうが多いはず。

「雪道走行=4WD」と決めつけて新型シエンタを購入してしまうと、後で後悔してしまうかもしれません。

ここでは新型シエンタでの雪道走行について、車の性能や4WD、2WDのどちらを選ぶべきか?について紹介します。



新型シエンタで雪道走行はできる?

新型シエンタでは4WDでも2WDでも雪道走行は可能です。

ただ、雪道走行の装備を何も準備せずに走るのは危険です。

これは雪道走行が得意な車であっても言えることです。

自然をあなどってはいけませんので、雪道走行用にスタッドレスタイヤやタイヤチェーンなどは最低でも装備して行くようにしましょう。

新型シエンタには雪道走行を助けてくれるシステムが搭載されています。

雪道走行なので、いつも走っている道路とは違うという認識を持って運転していただきたいのですが、新型シエンタのシステムは雪道走行には心強い見方で、あなたの運転をサポートしてくれます。

新型シエンタでの雪道走行を助けてくれるシステムとはどんなものなのでしょうか?



新型シエンタには雪道走行を助けてくれるシステムがある!

雪道走行で一番こわいのは路面凍結によるスリップです。

新型シエンタには、滑りやすい路面でも走行の安全を確保してくれるスリップ対策システム「S-VSC」が搭載されています。

その他にも4WDモデルだけに搭載されている機能や、天候の悪い日に視界を良くしてくれる補助機能、寒冷地仕様のオプションもあります。これらを順番に見ていきましょう。

走行安定性を確保する「S-VSC」

S-VSCは「Steering-assisted Vehicle Stability Control」の略で、滑りやすい路面でも車を安定させるシステムです。

S-VSCは、ステアリング・ブレーキ・駆動力を協調して制御するシステムで、滑りやすい路面でのコーナリング時などに走行安定性を確保するために、駆動力配分と操舵トルクをアシストします。

これによって滑りやすい雪道の走行でも優れた操縦性と走行安定性を実現し、走行しやすいように運転をサポートしてくれます。

新型シエンタには高度な技術が用いられていることがわかるシステムです。

ふだん運転していて体感する機会がないかもしれませんが、滑りやすい路面で安定したコーナリングを確保するなど、こういったシステムがあなたの運転を助けてくれる「縁の下の力持ち」なのです。

4WDモデルには駆動力を配分する機能がある

新型シエンタの4WDモデルには、駆動輪となるフロントタイヤが滑った場合に、瞬時にリアタイヤへ駆動力を配分して走行安定性を確保するシステムがあります。

4輪に駆動力が分かれることでタイヤ1輪あたりの負担が軽減して、優れた安定性を実現。

さらに4WDモデルには、リヤのサスペンションにダブルウィッシュボーンを採用していて、雪道走行でよくあるデコボコな道でも快適な乗り心地を実現しています。

寒冷地仕様オプションがある

雪が降らない地域にお住まいで、冬のレジャーでゲレンデに行く機会が多いのであれば、寒冷地仕様オプションをつけておくと良いでしょう。

寒い場所でもエンジンがかかりやすくなったり凍結しにくくなる仕様ですので、ふだんの車の利用と変わらず、冬の車の運転特有のストレスも軽減されるはずです。

また車内から熱が逃げにくくなってますので、外は雪で寒くても車内は快適といったことも実現できます。

もちろんエアコンなどで車内を温めることは大切ですが、車だけでなく運転する人間も快適な状態でなければ運転には危険が伴います。

冬のレジャーを安全・快適に楽しむために、寒冷地仕様オプションもぜひ検討してみましょう。

フロントフォグランプで視界良好

雪道走行では雪が吹雪いてくると視界が悪くなり危険が伴います。

新型シエンタのフロントフォグランプには、雨や雪、霧などの悪天候の時に、ヘッドランプの明るさを補助する機能がついていて、天候が悪い日でも良好な視界を確保します。

メーカーのパッケージオプションとしての提供で、タイプによってはないオプションでもありますので、詳しくは公式サイトなどで確認してください。



新型シエンタで雪道走行するなら4WDか2WDか?

新型シエンタには雪道走行を助けてくれる高度なシステムやオプションがあることがわかりましたが、それを踏まえて4WDと2WDのどちらを選ぶべきなのでしょうか?

シエンタのガソリンタイプには2WDと4WDの両方が、それぞれのグレードでラインナップされています。

豪雪地帯にお住まいの場合や舗装が行き届いていない道路を走ることが多い場合には4WDを選択するのが良いですが、そのような環境下で運転することは少ない方が多いはずです。

4WDは2WDに比べて購入価格が高くなりますので、せっかく4WDの高性能を持っていても必要な場面がなければ「宝の持ち腐れ」です。

また、車の用途や住んでいる地域の環境によって、4WDを選択すべきか、2WDを選択すべきかは変わってきます。

冬のレジャー程度なら2WDでOK!

スキー場に来ている車を見ていて、必ずしも4WDばかりではないのがおわかりになると思います。

中には冬山にもかかわらず「軽装」な車もチラホラいますよね…

一年のうちで雪道走行をするシーズンは限られてますし、そのシーズンに毎日雪道走行するわけではありません。

「たまに冬のレジャーを楽しむ程度」というのであれば2WDを選択するほうがベターです。

4WDよりも購入価格を低く抑えることができますし、4WDにしかない機能を使う場面も少ないです。

冬のレジャー用にスタッドレスタイヤとタイヤチェーンは最低限用意しておいて、寒さ対策をしておけば十分でしょう。

ただし、あなたが「冬は毎週のように豪雪地帯に出かける!」というのであれば、タイヤとチェーンの購入にプラスして寒冷地オプションをつけておけば、4WDを購入するよりも安く雪道走行の快適さを手に入れることができます。

4WDのほうが雪道走行に心強いのは確かですが、よほどの4WDへのこだわりが無い場合には、2WD+冬用タイヤ+タイヤチェーン、そこに寒冷地オプションをプラスするかどうかを考慮する、ということで検討してみましょう。

豪積雪地帯に住んでるなら4WDがいいのか?

4WDとはいえ、必ずしも雪道走行の危険を排除してくれるわけではありません。

しかし、「冬は毎日雪が積もっていてなおかつ毎日雪道を運転する」という生活であれば4WDのほうが心強いです。

先に紹介した4WDにある駆動力を配分するシステムなど、危険な雪道走行をいつも助けてくれる機能は心強い味方ですし、何よりも運転の安全性を高めてくれます。

ただ、このような積雪地域にお住まいでも皆が4WDに乗っているわけではありません。

2WDにも雪道の滑りやすい路面でも走りやすくしてくれる「S-VSC」があります。

S-VSCについては先に詳しく紹介しましたが、雪道走行を助けてくれる優れたシステムですので、これにスタッドレスタイヤとタイヤチェーンで乗り切っている方も多くおられます。

いつもよりもスピードを出さずに走るなど、安全にふだんよりも一層気をつけるということも大切ではありますが、「豪雪地帯=4WD」というふうに簡単に考えてしまうのもよくありません。

その地域に住んでいる人のお話を聞くのも一手ですし、ディーラーさんに相談して予算とライフスタイルから最適な車種を選択するようにしましょう。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

新型シエンタで雪道走行するなら4WD、2WDのどちら?まとめ

新型シエンタには「S-VSC」などの雪道走行をアシストしてくれる高性能なシステムが搭載されています。

また、ガソリン車には2WDと4WD、さらにハイブリッド車もありますので、購入の際の選択肢は豊富です。

豪雪地帯にスノートリップに出かける際には「4WDがいいなあ」と思うかもしれませんが、必ずしも2WDでは雪道走行ができないというわけではありません。

  • 住んでいる地域の気候
  • 積雪地域で運転する頻度
  • 購入予算
  • ご家族構成

これらを考慮して4WDがいいのか?2WDで十分なのか?を検討する必要があります。

オプションとの組み合わせで十分に雪道走行を快適にすることもできますので、2WDでも積雪地帯で運転することはできます。

そんなに積雪地帯に行くというわけではなくても、冬のレジャーにお出かけの際は最低限スタッドレスタイヤとタイヤチェーンは準備しておくようにしましょう。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら