シエンタの試乗レポートと納車までの期間を早くするコツは?

試乗

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

2015年の大モデルチェンジ以降、売れ行き絶好調のトヨタのミニバン「シエンタ」。

ミニバンはまだ種類が多くはなく、興味はあるが運転間隔のわからない人も多いかと思います。

シエンタを運転する際の感覚は試乗してみるのが一番わかりやすいですが、他の人の試乗レポートでも大いに参考になります。

ここではシエンタ購入前に役立ててほしい試乗レポートと、購入後に納車をスムーズに対応するコツについてアドバイスをしていきます。



新型シエンタの特徴

新型シエンタは、なんといっても斬新なデザインに定評があります。

目の下に切り込みの入ったデザインは、人によって好き嫌いが大きいものの、個性的な車を愛する人には大変評価が高いです。

内装もシックに変わりました。

6人乗りまたは7人乗りのミニバンですが、大家族のために使うようなイメージは薄く、3列目のシートを通常畳んで、4~5人程度で広い室内を活かす人が多いようです。

3列目はどうしても狭くなりますので、長時間ドライブの際は厳しいかもしれません。

シエンタはサイズの割に小回りも効くので、街中の移動もスムーズです。

日常のちょっとした移動と、長距離ドライブとの両方の利用に便利な車です。

利便性の良さからシエンタの購入をお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、同じようにシエンタの購入を考えてる人が試乗した感想を次に紹介します。



新型シエンタ試乗レポート

まずは「シエンタハイブリッド」の試乗レポートです。

特にエンジン性能・燃費についての試乗レポートになります。

シエンタハイブリッドの試乗

ハイブリッドのシエンタは、EVモードで発進するので、走り出しがスムーズです。

市街地においては、非常に静かで快適な走りを見せてくれます。

高速道路でも、静かでスムーズです。

追い越しの際の加速が物足りないという意見もありますが、ガソリン車と比べても気になるといったレベルではありません。

いっぽう、山岳地帯に入ると、重い車体がやや負担となり、上り坂は一生懸命踏み込まないとなりません。

ハイブリッドだけあって、やはり「音が静か」というのは魅力的です。

さらに低速域での加速も良いので、総じてエンジン性能については満足です。

燃費についてはハイブリッドなので、いかにエンジンを使わないかがポイントとなります。

ここは慣れの部分が大きいので、上手に使えていないと期待している燃費は実現できません。

市街地でも十分にパワーを発揮できるシエンタハイブリッドですが、燃費にやさしい運転も心掛けるとよいでしょう。

シエンタガソリン車の試乗

ガソリン車の場合、高速での加速は非常にスムーズです。

一方、走り出しについてはやや悪い感じです。

山岳地帯はガソリン車ならではの走りで、ハイブリッドよりずっとパワフルに、快適に走ってくれます。

市街地メインの場合はハイブリッド車が、もっとアクティブなドライブの場合にはガソリン車が向いているでしょう。

試乗レポート総括

燃費は、どちらについても高評価を与えたいと思います。

カタログ通りの燃費は出ないものですが、実際の運転でも比較的高いスコアが出ます。

ハイブリッドの場合は、他のハイブリッド車と同様、加速が乗ったらいったんアクセルを緩めてから踏み込むことが大事です。

これをやらないと、燃費がまったく向上しません。

他の気づきとしては、シエンタはドライブ中のシートの座り心地も上々です。

ガソリン車もハイブリッド車も内装に高級感は感じませんが、「小ぎれいにまとまっている」印象です。



シエンタの納車を早くするには

シエンタは人気のミニバンなので、納車までは1~2か月かかるのが通常です。

ただし2018年6月現在では、トヨタ公式サイトにおけるシエンタの工場出荷時期目処は「1か月以内」となっています。

これは、近日のマイナーチェンジの予定が影響しているためでしょう。

決算期前など、ディーラーが値引きを多くする時期ですと、当然ながらさらに伸びることもあります。

どのディーラーから新車を購入しても、納車までは同程度掛かります。

それでは納車までの期間を短縮する方法はないでしょうか?

ディーラーの前に客は平等です。

自分だけ、理由なく納期を早めることができるわけではありませんので、その点は認識しておきましょう。

ただし、購入方法によっては納車までの期間を早めることは可能です。

  • シエンタの売上の高い販売会社から買う
  • キャンセル待ちを狙う
  • マイナーチェンジ後の旧タイプを狙う
  • 中古車を狙う

これらが納車までの期間を早めれる可能性がある買い方です。

シエンタの売行きのいい会社の場合、多めに車の入荷があります。

販売会社とは、「ネッツ」「カローラ」といったブランドのくくりのことではなく、例えば、「トヨタ東京カローラ」といった、ひとつの会社ごとを指します。

ただ、よくシエンタを売っている会社についてリサーチができても、値引き交渉をしつつ、同時によく売れている会社から買うというのはハードルが高いかもしれません。

この点キャンセル待ち狙いは、ディーラーの売上に関わらず、早く手に入れる方法です。

ただし、カラーやオプションはもちろん選べず、結局レディーメイドになってしまいます。

色も含めて、こだわり部分を人任せにしてしまってもいい人にはおすすめの方法です。

キャンセル待ちと同じ原理ですが、人気のないカラーを狙うと、生産の都合上納車が早くなります。

シエンタについては2018年9月にマイナーチェンジがありますので、この後が狙い目でしょう。

マイナーチェンジ後は、旧モデルの納品が早くなることが確実です。

斬新なシエンタのデザインは、モデルチェンジで損なわれるようなことはないでしょう。

新車と違い、中古車ならすでに商品として存在していますので、納車を待つことはありません。

急いで乗りたい人には中古も悪くない選択肢でしょう。

ただ、シエンタの場合、中古市場では、まったくデザインの違う初代シエンタが主流です。

新型もたくさん市場に出てはいますが、価格面でのお得感はまだまだ薄いかもしれません。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタの試乗レポートと納車までの期間を早くするコツまとめ

シエンタを購入するにあたり、かならず試乗しないといけないわけではありません。

しかし、想定していたのと違う運転感覚だったり、実際に乗ってみた雰囲気に違和感を感じたら、購入後に後悔することもあり得ます。

試乗して損はありませんし、試乗したからといって必ず購入しなければいけないわけでもありません。

購入前には試乗することも含めて、時間をかけて確認するべきです。

また、納車までの期間を早める方法は先に紹介したとおりですが、納車を早めたいがために妥協して車を買うというのは本末転倒です。

確かにシエンタの不人気色などは、納車までの期間が早いかもしれません。

「すぐにでも車がないと困る」といったケースを除いては、多少納車に期間がかかっても、ご自身の納得いく車を購入すべきです。

シエンタについてはマイナーチェンジを控えてます。

マイナーチェンジ後の旧車も購入するさいには検討するようにしましょう。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら