シエンタにオプション品は必要なのか?おすすめと人気はコレ!

オプション

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

新車を購入する時に、オプション品を装備して購入される方も多いのではないでしょうか。

トヨタの大人気ミニバンであるシエンタにも豊富なオプションが用意されています。

外観にこだわりたい人や、安全装備を充実させたい人など、自分が必要だと感じるオプションを装着される方が多くいらっしゃるようです。

そこで今回は、シエンタを購入する際に是非おすすめの人気オプション品をご紹介します。



シエンタの4種類のメーカーパッケージオプション

シエンタには、購入する人が必要と感じるオプションをまとめて1つのパッケージとして設定しています。

これらを順番に説明していきます。

女性に優しい機能が詰まった「スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ」

最近ではゴールデンウィークあたりから紫外線対策を行っている方も多いのではないでしょうか。

こちらのパッケージは、そんな日焼けの原因となる紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラスをフロントガラスに採用し、さらに、日射しの暑さの元となっている赤外線(IR)カット機能付きグリーンガラスをフロントドアのガラスに採用しているので、紫外線が強い夏のドライブも気軽に楽しむことができます。

シートヒーターは、運転席と助手席の肩・腰・下肢を中心にヒーターが設置してあり、シートが冷たくなってしまう冬の寒い日も快適にドライブすることができます。(HI-LO切替可能)

もっと快適に、もっと安心できるように「スマートエントリーパッケージ」

こちらはスマートエントリーと言い、スマートキーを身に着けておけば(カバンやポケットの中に入れておく)車に鍵を挿すことなくドアハンドルを握るだけでドアを解錠し、ドアハンドルのセンサーにタッチするだけでドアを施錠する事ができる人気のオプションです。

また、エンジン始動もボタンを押すだけで簡単に行えます。

さらに、正規のスマートキー以外の鍵ではエンジンを始動することができないセキュリティシステムを搭載しているため、車両の盗難防止に一役買っています。

種類豊富な純正オプションナビに対応する「ナビレディパッケージ」

後ろ向きで駐車する際に便利なバックカメラと、ハンドルから手を話すことなくナビを操作できるステアリングスイッチがセットになっています。

バックカメラもステアリングスイッチも、安全に運転する際には必須の装備ですね。

デザイン性とエコを兼ね備えた「LEDランプパッケージ」

消費電力が従来のランプよりも低い上に高輝度で点灯速度も格段に早いLEDをハイ・ロービーム共に採用しています。

車両の姿勢変化に関わらず照射軸を一定に保ち、先行車、対向車に対する眩惑防止に配慮したオートレベリング機能を搭載したヘッドランプです。

またLEDランプパッケージ専用のリヤコンビネーションランプは、ランプが輪郭に沿うように配置されたテールランプで、フロントと共に個性的な表情を演出しています。

他にも、悪天候時にヘッドランプの明るさを補助するハロゲンのフロントフォグランプや、トンネルの続く山道や夕暮れ時に便利なコンライト機能(ライト自動点灯+消灯システム)もついています。



シエンタにおすすめ!人気のオプション品やアクセサリー

上記のパッケージオプションの他にも、シエンタには外観、室内・インテリア、安全装備、快適装備の4つのカテゴリーで多種多様なディーラーオプションやアクセサリーが用意されています。

ここではそんな中から、人気があっておすすめのオプション品をご紹介します。

オートリトラクタブルミラー

ドアの解錠・施錠状態がドアミラーが畳まれているかどうかで確認することができるすぐれものです。

ドアミラーの状態を見れば、鍵がかかっているかどうかひと目で分かるので締め忘れを防ぐことができます。

Toyota Safety Sense C

通常はハイビームで走行し、100m以内に先行車や対向車を検知すると自動でロービームに切り替えを行う「オートマチックハイビーム」。

車道の白線または黄線を踏み越えてしまいそうになった場合に、ブザーとディスプレイで危険を知らせてくれるうえに、はみ出しを回避しやすいようハンドル操作までサポートする「レーンディパーチャーアラート」。

前を走る車両や横断中の歩行者を単眼カメラとミリ波レーダーで検出しブザーとディスプレイで衝突の危険性をドライバーに知らせ衝突回避をサポートしてくれる「プリクラッシュセーフティシステム」。

この3つの安全装備が一つになったトヨタが誇る先進の衝突回避支援パッケージです。

気になるオプションの価格は、54,000円です。

交通事故で万が一衝突してしまった場合の高い修理費用が発生すると考えると、限りなく衝突回避をサポートしてくれるこれらのシステムはお得だと言えるでしょう。

15インチまたは16インチアルミホイール

純正で装着されているスチールホイール、実はとても重く燃費が悪化する原因の一つにもなっていて、見た目もあまりかっこよいものではありません。

その点、アルミホイールは非常軽くデザインもスポーティーでかっこ良いものが多いため、一層外観が引き締まって見えます。

アルミホイールはトヨタ純正品でなくても、大手カー用品店に行けば各メーカーから多くのアルミホイールがラインナップされてますので、自分の靴を選ぶようにお気に入りの一品を探すのも楽しみですね。



はじめからかっこよく乗りたい人は「MODELLISTA(モデリスタ)」「TRD」で決まり!

トヨタには2つのカスタムパーツ部門が存在し、それが「MODELLISTA」と「TRD」です。

モデリスタは外観よりも内装のカスタムパーツを多く販売しているため、内装のドレスアップを行いたい人はモデリスタがおすすめ。

TRDはとにかく外観のかっこよさを追求したカスタムパーツを取り扱っていますので、見た目にこだわりたい人はTRDのオプションをおすすめします。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタにオプション品は必要なのか?おすすめと人気まとめ

シエンタは、同じクラスの車種よりも比較的人気の多種多様なオプションが用意されています。

流石に全てのオプションを装着するとお買い得なシエンタもちょっと高価になってしまうかもしれませんが、安全装備に関わるオプションは誰もが必要と感じるオプションと言えるのではないでしょうか。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら