シエンタとフリードを比較2018!新型車(新車)と中古車の価格は?

フリード

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタとフリードの新型車(新車)と中古車の2018年版価格を比較!

コンパクトミニバン市場は、トヨタシエンタとホンダフリードの2台が牽引しています。

ライバル関係?にあるシエンタとフリード。よく比較される2台です。

シエンタは2015年に、フリードは2016年にそれぞれモデルチェンジしていますが、どちらの車種もモデルチェンジ後の2代目の人気が大変高いです。

代表色のイエローを始め、カラーラインナップもシエンタとフリードはよく似ています。

コンパクトミニバンは、6人乗りまたは7人乗りが多いですが、小回りも効く利点もあり、大家族でなくても便利に使えます。

ここでは、ミニバンのジャンルでよく比較され、機能や性能のよく似たシエンタとフリードの価格を比較してみます。

新型車(新車)と中古車を分けて価格を表記していて、価格はいずれも「税抜き」で、オプションの付かない値段です。

中古車の価格はあくまでこの記事を書いている2018年6月時点ですので、月日の経過とともに価格は変動します。

シエンタもフリードも、安全設備であるトヨタの「セーフティセンスC」、フリードの「ホンダセンシング」などがオプションにありますが、特にシエンタの場合は全車標準「非」装備ですのでご注意ください。



シエンタとフリードの新型車(新車)価格を比較!

芽の下の切れ込みが極めて特徴的な歌舞伎フェイスで、人気を集める理由である2代目シエンタ。

そのシエンタの新型車(新車)価格を見ていきます。

ハイブリッド車とガソリン車ともに、中級の2クラス「G」と「X」をピックアップしてみます。

このクラス以外に、上には特別仕様車G「Cuero」、下にはX「Vパッケージ」があります。

グレード 新型車(新車)価格
シエンタHYBRID G(2WD・6人乗り) 2,157,273円
シエンタHYBRID G(2WD・7人乗り) 2,157,273円
シエンタHYBRID X(2WD・7人乗り) 2,061,818円
シエンタG(ガソリン車/2WD・6人乗り) 1,980,327円
シエンタG(ガソリン車/2WD・7人乗り) 1,980,327円
シエンタG(ガソリン車/4WD・6人乗り) 1,964,545円
シエンタX(ガソリン車/2WD・7人乗り) 1,681,818円
シエンタX(ガソリン車/4WD・6人乗り) 1,812,727円

シエンタのライバルである、フリードの新型車(新車)価格はどうでしょうか?

2列シートの「フリード+」も人気車種ですが、これはシエンタにない区分ですので外して、中級・上級の「G」と「EX」で比較してみます。

この下のクラスには、エントリータイプの「B」があります。

グレード 新型車(新車)価格
フリード HYBRID G・Honda SENSING(FF・6人乗り) 2,311,112円
フリード HYBRID G・Honda SENSING(FF・7人乗り) 2,331,112円
フリード HYBRID G・Honda SENSING(4WD・6人乗り) 2,526,112円
フリード HYBRID EX 2,459,260円
フリードG(ガソリン車/FF・6人乗り) 1,833,334円
フリードG(ガソリン車/FF・7人乗り) 1,853,334円
フリードG(ガソリン車/4WD・6人乗り) 2,048,334円

ハイブリッド車を比較すると、シエンタよりフリードのほうが若干高めの価格となっています。

ただし、ガソリン車なら同等の価格です。

シエンタと比較すると、フリードのほうがハイブリッド・ガソリン車ともに実燃費がいいとされています。

よって実質負担については、ガソリン代などを考えると多少縮まるでしょう。



シエンタの中古車価格【2018年版】

トヨタシエンタの初代も、丸い目がチャーミングなフェイスで、特に女性に人気がありました。

ですが、現在の二代目シエンタは、同じ車とは言えないくらいデザインが変わっており、支持も男性に移っています。

そのため、中古については2代目シエンタだけをピックアップします。

その2代目シエンタ、人気が依然高く、それほど値崩れはしていません。

もっとも、走行距離の極端に長い車もそれほど中古車市場に出回っていないため、中古車のメリットも十分あるでしょう。

以下、中古車情報サイトでの調べによるものです。

グレード 中古車価格
シエンタHYBRID G(2WD・6人乗り) 119.4万~
シエンタHYBRID G(2WD・7人乗り) 119.4万~
シエンタHYBRID X(2WD・7人乗り) 119.4万~
シエンタG(ガソリン車/2WD・6人乗り) 138.0万~
シエンタG(ガソリン車/2WD・7人乗り) 138.0万~
シエンタG(ガソリン車/4WD・6人乗り) 138.0万~
シエンタX(ガソリン車/2WD・7人乗り) 118.5万~
シエンタX(ガソリン車/4WD・6人乗り) 118.5万~

ハイブリッドのほうに最安値が出ていますが、もちろん、ハイブリッド車のほうがガソリン車より全般的に安いというわけではありません。

シエンタのガソリン車にも根強い人気があるということの表れでしょう。



フリードの中古車価格【2018年版】

ホンダフリードの2代目ですが、シエンタのような大胆なデザインチェンジはありません。

そのため、中古市場においては初代フリードも人気を集めています。ですが、シエンタと比較するために、2代目フリードに限定しました。

グレード 中古車価格
フリード HYBRID G・Honda SENSING(FF・6人乗り) 160.2万~
フリード HYBRID G・Honda SENSING(FF・7人乗り) 160.2万~
フリード HYBRID G・Honda SENSING(4WD・6人乗り) 160.2万~
フリード HYBRID EX 160.2万~
フリードG(ガソリン車/FF・6人乗り) 147.2万~
フリードG(ガソリン車/FF・7人乗り) 147.2万~
フリードG(ガソリン車/4WD・6人乗り) 147.2万~

中古車においては、シエンタ以上に2代目フリードは値崩れがありません。

逆にこのような状況ですと、新車を買っても高値で手放せるのではないかとも考えられます。

性能を比較しても差がそんなにないと思われますので、中古市場ではシエンタのほうがお買い得かもしれません。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタとフリードの価格を比較まとめ

トヨタのシエンタとホンダのフリード。

同じ「ミニバン」と呼ばれるジャンルの中でライバル関係にあるこの2台の価格を比較しながら紹介してきました。

新型車(新車)の価格はさほど変わらず、フリードのハイブリッド車が比較的高めの価格設定になっているものの、新型車(新車)を買うにあたっては価格は判断材料になりにくいですね。

性能面を比較しても大差はなく、シエンタもフリードも優れたミニバンですので、トヨタが好きか?ホンダが好きか?といった好みによって選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、これは新型車(新車)の比較の話しであって、中古車となると価格が値崩れしてないフリードのほうが高いと言えます。

フリードのほうがシエンタよりも遅く現行にモデルチェンジしたことが影響していると思われます。

シエンタもフリードも人気のミニバンであることは事実です。

新型車(新車)を試乗するなどして選ぶといいかもしれませんね。

私個人としては車の価格よりもマイネーチェンジやフルモデルチェンジで、シエンタとフリードがどんな形をした車体になるのか?内装の違いは?といったところが気になります。

2018年9月にシエンタがマイナーチェンジして販売開始されます。

2年間マイナーチェンジをしていないフリードが、シエンタの後を追ってマイナーチェンジするかもしれませんね。

しばらくシエンタとフリードのライバル関係は続きそうです。

 

シエンタとフリードの車の性能比較は、下記からごらんになってください。

シエンタとフリードの比較!室内・外観・燃費・安全性能どちらが優れてる?

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら