シエンタは燃費のいいミニバン?4WDの燃費は良いのか悪いのか?

燃費

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタは「燃費のいいミニバン」だという評価する人もいれば、「特別そうとは感じない」という人もいらっしゃいます。

シエンタには2WDだけでなく4WDもあり、4WDだと一般的に燃費は2WDと比べて下がってしまいます。

4WDといえば、雪国などの滑りやすい地域などで比較的多く使用されるケースが多い車種です。

4輪駆動ということは。それだけ車の馬力も力強いものがあるということなので、悪路だと重宝します。

ただし、昔から4WDと言うと燃費性能が悪い、ということは言われてきました。

そこで今回の記事では「シエンタは燃費のいいミニバンなのか?」に加えて、シエンタの4WD車の燃費の良し悪しについても紹介していきます。



シエンタ2WDは燃費の良いミニバンなのか?

シエンタの燃費に関しては以下のようになっています。

グレード 燃費
シエンタ2015年モデル G 20.2km/L
シエンタ2015年モデル X 20.2km/L
シエンタ2015年モデル G 車いす仕様車 19.6km/L
シエンタ2015年モデル X 車いす仕様車 19.6km/L
シエンタ2015年モデル G”Cuero” 15.4~20.2km/L
シエンタ2015年モデル X”Vパッケージ” 15.4~20.6km

こちらはシエンタの2WDのカタログ燃費になります。

そしてシエンタの燃費が良いのか悪いのかに関しては、ミニバンのライバル車として有名なホンダのフリードと比べるのが最適でしょう。

調べてみたところ、現在の最新モデルのホンダ・フリードにおける燃費は総じて19.0km/Lでした(※この燃費はフリード2WDのものになります)。

この結果からもわかるように、シエンタ2015年モデルの燃費は良いということになります。

ライバル車であるフリードよりも良い燃費であるため、この点からもシエンタは燃費の良いミニバンと言えます。



シエンタ4WDの燃費は良い?悪い?

それでは次に、シエンタの4WDの燃費は良いのか悪いのかについて紹介していきます。

シエンタ4WDの燃費についてまとめると以下になります。

グレード 燃費
シエンタ2015年モデル G 15.4km/L
シエンタ2015年モデル X 15.4km/L
エンタ2015年モデル G”Cuero” 15.4~20.2km/L
シエンタ2015年モデル X”Vパッケージ” 15.4km/L

シエンタでも4WDの方がやはり燃費は良くないですね。

しかし車の重量も上がってしまいますし、2WDに比べて差が出てしまうのはある程度仕方のないことでもあります。

昔に比べればシエンタに関わらず、4WDの燃費も良くなってきていますしね。

そして、ライバル車であるホンダのフリード4WDの燃費はと言うと、現在の最新モデルでは総じて17.6㎞/Lでした。

よってこのことから、シエンタ4WDとフリード4WDの燃費を比べた時は、フリード4WDの方が燃費が良いということが分かります。

なので、シエンタの4WDを購入しようと決めている方は一度フリードと比べてみてもいいかもしれませんね。



シエンタ4WDの実燃費は?

それでは、シエンタ4WDにおける実燃費はどれくらいなのか。

これについては、「e燃費」というユーザー投稿型の燃費情報サイトで調べてみたところ、2015年モデルのシエンタ4WDでは平均12.49km/Lという実燃費であるということが分かりました。

シエンタ4WDのカタログ燃費が15.4km/Lだったため、「それほど変わらない」という印象を持つ方もいるのではと思います。

カタログ燃費と実燃費が10km/Lほど違うという車種も少なくありませんからね。

そしてシエンタ4WDの最大実燃費、最少実燃費については確認した限りそれぞれ22km/Lと5km/Lでした。

走行方向によってはカタログ燃費以上の燃費になったり、カタログ燃費よりも大幅に下がる結果にもなり得るということですね。

ちなみに、シエンタ4WDの12.49km/Lという実燃費は同車と同程度の車と比較しても平均的な実燃費になります。

よって、シエンタ4WDの実燃費が凄く優れているというわけではありません。

しかし上記でも挙げたように、カタログ燃費とそれほど変わらない実燃費が平均となっていること、走行方法や環境によってはカタログ燃費さえも超える燃費になり得るということを踏まえると、シエンタ4WDの実燃費は決して悪くなく、むしろ良いと言えるのではないでしょうか。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタハイブリッドの4WDの燃費はどう?

シエンタ4WDの燃費、実燃費について上記まででは紹介してきましたが、上記まではシエンタのガソリン車です。

それではシエンタハイブリッド型の4WDの燃費はどうなのか、と言うと残念ながら現在のところシエンタハイブリッド型の4WDという車体は販売していません。

なので、燃費については現在のところ不明ということになります。

なぜシエンタハイブリッド型の4WDが販売していないのか不思議なところではないでしょうか。

というのも、ライバル車として良く挙げられるホンダのフリードの方ではハイブリッド車の4WDが発売しているからです。

気になる燃費はと言うと25.2km/Lでした。

4WDでこの燃費ですから、やはりハイブリッド車というだけはあります。

そしてライバル車として挙げられるフリードがハイブリッド車の4WDを販売している以上、シエンタも同様にハイブリッド車の4WDが販売開始していてもおかしくはありませんよね。

ちなみにですがちょうど2018年7月にシエンタ2015年モデルからマイナーチェンジが行われます。

しかし、マイナーチェンジでハイブリッド車の4WDが販売開始となるというのは少々考えにくいですので、販売には至らないでしょう。

今までの歴史で見るとシエンタの1代目、2代目は3~5年というスパンでマイナーチェンジ、もしくはフルモデルチェンジが行われてきています。

なので、シエンタがハイブリッド車の4WDを販売開始するとすれば2018年7月に行われるマイナーチェンジから3年後の2021年頃、もしくは5年後の2023年頃かもしれません。

早く販売しなければ、ユーザーがホンダに流れる可能性もありますから、シエンタファンとしては急いでほしいところです。

シエンタのメーカーであるトヨタが発する情報には注目していましょう。

シエンタは燃費のいいミニバン?4WDの燃費まとめ

シエンタ2WDの燃費に関しては、ライバル車フリードよりも良い燃費になっています。

その一方、シエンタの4WDの燃費はライバル車フリードよりも劣る結果となりました。

それぞれで強みが異なるということですね。

よって4WDを購入したいという方で、シエンタとフリードで迷っている方はフリードを選択した方が燃費的には満足する結果を得られるかもしれませんので検討してみてください。

ただし実燃費はユーザーの走行技術に左右されがちなのもまた事実です。

いくら燃費の良い車を購入したとしても走行技術がその車に合った物でないとそれほど燃費が良いという結果を得られないということもありますのでこの点には注意しておきましょう。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら