シエンタの燃費を比較!ガソリン車とハイブリットは実際どうなの?

燃費

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタを購入するにあたり、燃費を考えてガソリンモデルを購入するべきか、ハイブリッドモデルを購入するべきか、という点には迷う方が多いのではないでしょうか。

ガソリンモデルよりも価格が高いハイブリッドモデルを購入してもきちんと燃費で元は取れるのか、気になるところですよね。

そこで今回は、シエンタの燃費について、

「シエンタの燃費を比較!ガソリン車とハイブリットは実際どうなの?」

という内容でお届けしていきます。

シエンタのガソリンモデルとハイブリッドモデルでどちらが燃費の面で優れているのかに加えて、どちらを購入した方が実際にお得なのか、も比較した内容をご紹介します。



シエンタのガソリン車とハイブリッド車のカタログ燃費を比較

シエンタのガソリン車のカタログ燃費は、駆動方式がFFの場合平均で20.3km/Lです(G Cuero、G、X、XVパッケージの燃費の平均)。

それに対して、シエンタのハイブリッド車の燃費は27.2km/Lです。

ちなみにハイブリッド車すべてのグレードでカタログ燃費は同じでした。

よって、カタログ燃費に関しては一目瞭然ですが、ガソリン車よりもハイブリッドの方が勝るということになります。

そもそもハイブリッド車というのは、複数の動力源を搭載する車のことを指します。

一つの動力源しか持たないガソリン車よりも、モーターとガソリンという二つの動力源を持つハイブリッド車の方が、燃費という面において勝るということは当然です。

ということで、シエンタのガソリン車とハイブリッドでカタログ燃費を比較してみた場合、ハイブリッド車の方が6.9km/L燃費が優れているということになります。



シエンタのガソリン車とハイブリッド車の実燃費を比較

シエンタのガソリン車とハイブリッドのカタログ燃費に関しては、ハイブリッド車の方が複数の動力源を持つということで勝る結果になりました。

それでは、実際に車を走らせてみたところの実燃費はどうなのでしょうか?

実燃費を知るうえで非常に参考になる「e燃費」によると、ガソリン車の場合で14.68km/L、ハイブリッド車の方で19.42km/Lです。

比較の結果、シエンタのハイブリッド車の方がガソリン車よりも実燃費でも優れているということになります。

とはいえ、シエンタの元々のカタログ燃費がガソリン車よりもハイブリッド車の方が優れている以上、実燃費もハイブリッド車の方が優れているということに関しては自然な流れです。

そこで、カタログ燃費と実燃費との差はそれぞれどの程度あるのかと言うと以下になります。

  カタログ燃費 実燃費 燃費差
ガソリン車 20.3km/L 14.68km/L 5.62km/L
ハイブリッド車 27.2km/L 19.42km/L 7.78km/L

このことからわかるようにカタログ燃費、実燃費ともに上回っているハイブリッド車ですが、ガソリン車よりもその差が大きいです。

これはガソリン車よりも走行方法に気をつけて、燃費に優しい運転を行わなければ、なかなか良い実燃費にならないことを意味しているのではないでしょうか。

ハイブリッド車だからガソリン車よりも無条件に良い燃費になるというわけではありませんので、この点には注意して車を運転するようにしましょう。



燃費からシエンタはガソリン車とハイブリッドのどちらを購入すべき?

シエンタのガソリン車とハイブリッド車の燃費について比較した結果、カタログ燃費と実燃費ともにハイブリッド車の方が優れているということになりました。

それでは、シエンタはガソリン車ではなくハイブリッド車を購入した方が良いのか?お得なのか?といわれると、一概にそうとは言いきれません。

これはシエンタのガソリン車とハイブリッド車の価格面が関係しています。

まず、それぞれの価格については以下のようになっています。

  • ガソリン車(シエンタ2015年モデル G):1,980,327円
  • ハイブリッド車(シエンタ2017年モデル HYBRID G):2,329,855円

ガソリン車と、ハイブリッド車で30万円ほどの車両本体価格差があるのですが、この約30万円の値段の差をハイブリッド車の燃費の良さで埋めようとすると、走行距離にして15万キロ程度走る必要があります(ガソリンの値段を130円と仮定した場合)。

よって、すべての方にハイブリッド車がおすすめとなるわけではないのです。

というのも、一度目の車検切れになる前に車を売却するという方も中にはいらっしゃいます。

大事に大事に20万キロや30万キロほど乗るつもりであるという方は、ハイブリッド車を購入した方が初期費用が高いとしても結果的にお得なのでおすすめできます。

シエンタのガソリン車とハイブリッド車で実際にどちらを選んだ方がお得になるのかは、「どれくらい車を乗るつもりなのか」によります。

自分の車の使い方をよく考えたうえで、どちらにするか選択してみてはいかがでしょうか。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタの燃費を比較まとめ

シエンタの燃費は、ガソリン車よりもハイブリッド車の方が優れています。

これは実燃費に関しても同様なので、ただ燃費の良い方がほしいという方はハイブリッド車を購入するのが良いでしょう。

ただし、新車価格はハイブリッド車の方が30万円ほど高くなります。

決して安い差額、気にするほどでもない差額ではありませんので、ハイブリッドを購入しても元は取れるのかなどをよく考えてどちらのタイプにするか選ぶようにしてください。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら