シエンタをカスタムカー仕様に!80系・170系・モデリスタ

カスタム

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタといえば、2015年に販売開始した新型モデルを思い浮かべるかと思いますが、旧型である80系も燃費、そして中古車ならではの安さという面で人気ですよね。

まだまだ現役で活躍しているという家庭も多いことと思います。

そのような現役車であるシエンタの旧型80系、さらに新型170系について、ここでは

「シエンタをカスタムカー仕様に!80系・170系・モデリスタ」

という内容でお届けしていきます。

80系、170系、それぞれの新旧シエンタをカスタムカー仕様にするためのおすすめパーツ、それにモデリスタでのカスタムも加えて紹介していきます。

シエンタのカスタマイズをお考えの方は、ぜひ読み進めてください。



シエンタ80系をカスタムカー仕様に!おすすめパーツは?

シエンタの80系と言うと、現在販売している新型170系の旧型でシエンタの一代目です。

そんなシエンタ80系の特徴は丸みを帯びているような可愛らしい外観に、そのコンパクトさにも関わらず7人まで乗ることができるという点です。

この80系ならではの特徴を活かしたカスタムについて下記より紹介していきます。

シエンタ 80系 Clazzioネオプラス シートカバー

引用元:http://www.11i.co.jp/product/seat_nplus.html

シエンタ80系のおすすめのカスタム方法は「シエンタ 80系 Clazzioネオプラス シートカバー」を設置することです。

外観ではなく、内装面でのカスタムになります。

現状シエンタ80系は生産終了していますので、手に入れるには中古車を購入するしかありません。

そうなると「他人が使っていたシートは嫌だ!」という方が多いのではないでしょうか。

見た目綺麗でも何となく嫌だなーと感じたり気になりますよね。

そんな方には、ぜひおすすめするカスタムパーツが「シエンタ 80系 Clazzioネオプラス シートカバー」です。

というのもこちら、シートの色合いは自分で選択できますから、好みの色を選択することができますし、外観に合わせた色合いにすることもできます。

また、抗菌や防臭に加え、拭き掃除もしやすいように素材にもこだわっていることからお手入れする際にも楽に行えます。

中古車でシエンタの旧型、80系を購入することを考えている方はこのカスタムパーツも購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに値段は税込で46,980円(YAHOO!ショッピングからの情報)になります。

シエンタ80系のカスタムパーツに関しては以上になります。

その外装の形状から、主な利用者は男性よりも女性が多いと思いますので、こういったカスタムだけで十分と思われます。

ぜひ参考にしてみてください。



シエンタ170系をカスタムカー仕様に!外観を変えるパーツのおすすめは?

シエンタ170系といえば、初代である80系とは打って変わり、一気にカッコよさに振ったデザインが特徴的です。

小型車サイズながら、7人乗りも可能という点は変わらないため、嬉しいところではないでしょうか。

そんなシエンタ170系のおすすめカスタムについて、下記より紹介します。

エアロパーツ

シエンタ170系をカスタムするにおいて、おすすめなのはやはり「エアロパーツ」になります。

元々カッコいい系のデザインであるシエンタ170系の外観をさらに引き立たせることができます。

ただし、カスタムするにしても純正かモデリスタのものを利用しましょう。

そうでないと、いざシエンタ170系を売るという際に、減額対象になりかねません。

ちなみにエアロパーツセットは純正モデルで102,600円(税込)になります。

さすがにセットは高いという方はフロントスポイラーだけにするなど、一部にエアロパーツをカスタムするのもアクセントとなります。

ガーニッシュセット

シエンタ170系のカスタムにおいて、「ガーニッシュセット」を取り入れるというのもおすすめです。

ガーニッシュをいじれば、車の雰囲気が変わります。

選んだ色や素材では高級感が増したり、よりスポーツカーっぽく見えたりしますので、こちらもおすすめのカスタムパーツとなります。

こちらもセットだと104,760円(税込)と少し高いので、サイドのワンポイントだけサイドガーニッシュにカスタムするというのでも、十分カッコよさや高級感が増しますのでお試しください。



シエンタのモデリスタはどのようにカスタムできる?

シエンタのモデリスタのカスタムには以下のようなことが行えます。

  • LEDシフトノブ
  • ドアハンドルガーニッシュ
  • マフラーカッター
  • LEDライセンスランプ
  • トップノットアンテナ
  • フロントドアガーニッシュ
  • ミラーガーニッシュ
  • バックドアガーニッシュ

Etc…

純正品のカスタムパーツとはまた違う、カスタムをモデリスタでは施すことができます。

あまり純正には良いものがなかったという際には、モデリスタでカスタムパーツを探してみるということもいいかもしれませんね。

ちなみに、上記で行えるモデリスタでのカスタムは、あくまでも170系のシエンタになります。

80系は販売終了してから数年ほど経っていますので、パーツが適応外になります。

それでは80系はモデリスタのカスタムは行えないのかと言うと、オートバックスのグループ企業であるコアーズインターナショナル株式会社の運営サイト「Auto Style」でモデリスタのカスタムパーツを購入できます。

エアロパーツやスポーツマフラーなど取り扱っていますので、80系のカスタムを行いたいという方はこのサイトで気になるパーツを探してみてください。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタをカスタムカー仕様に!まとめ

シエンタといえば、170系である新型を思い浮かべると思いますが、まだまだ旧型である80系も現役車です。

80系は安いのだと車両本体価格20万円程度で売られているため、コスパの高さでも人気を得ているのでしょう。

よってシエンタの170系だけでなく、80系もカスタムしたいという方はまだまだいることと思います。

カスタムパーツを手に入れる手段はありますので、旧車の80系もカスタムカー仕様にしたいのであれば、こちらで紹介したサイトなどからパーツを探してみてください。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら