シエンタハイブリッドのカスタム方法おすすめ!カスタマイズし過ぎがダメな理由とは?

ハイブリッド

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

ガソリンが動力源となる通常のシエンタより、ガソリンの他にも電気が動力源となるシエンタハイブリッドの方が、内装など充実していそうですよね。

しかし、意外にもシエンタのガソリン車とハイブリッド車で内装や外装に大きな違いはありません。

「他のシエンタユーザーと違いを出したい!」

と思ってるあなたにとって、気になるのがカスタム方法ではないでしょうか。

そこで今回は、シエンタハイブリッドのカスタム方法のおすすめについてご紹介します。

カスタムにおける注意点も述べてますので、こちらも必ず確認してカスタマイズしましょう。



カスタムにおける注意点とカスタマイズのし過ぎがダメな理由とは?

シエンタハイブリッドのカスタムにおいて、一つ注意するべき点があります。

それは、カスタマイズのやり過ぎです。

というのも、シエンタハイブリッドだけに当てはまることではありませんが、あまりにカスタムしすぎている車体は、状態に関わらず買取価格が低くなる可能性があるからです。

車は高い買い物ではありますが、生涯使用できるというほどのものでもありません。

廃車や買取り、下取りなど何らかの形で、いつか車を手放す日は来ます。

車を売りに出すことを考えて、カスタムするのであればリセールバリュー、つまり再販価値も考えたカスタムを行いましょう。

ちなみにですが、純正製品のカスタムやモデリスタでのカスタムであれば、価値が下がらないどころか、通常の買取価格よりも高値になることが見込めます

というのも、純正品のカスタムパーツは貴重という認識になるため、価格が上がることがあるからです。

カスタムしたい方は、純正製品でのカスタムがおすすめです。

「他の人とは違うカスタムをしたい」

「世界に一台しかないシエンタハイブリッドにしたい」

というあなたにとっては不満かもしれません。

後に手放すことも考えて、あまりカスタムしすぎないということと、カスタムするなら純正製品かモデリスタを利用することを覚えておいてください。



シエンタハイブリッドの見た目重視のカスタム方法!

まず、シエンタハイブリッドの見た目を重要視したカスタム方法について紹介していきます。

おすすめは下記のカスタムパーツ4つです。

エアロパーツセット

見た目をカッコよくすることにおいて、やはり「エアロパーツ」は外すことはできません。

フロントスポイラーやサイドスカート、リヤスカートといったエアロパーツをカスタムしましょう。

レーシングカーのように空気抵抗がどうの、というものではありませんが見た目をよくするためにぜひ装着してみてください。

17インチ アルミホイール&タイヤセット

シエンタハイブリッドの見た目を重要視したカスタムを行うのであれば、何かと目に付くホイールをカスタムすることも重要です。

モデリスタで取り扱われている「17インチ アルミホイール&タイヤセット」等でぜひ思い思いのホイールにカスタムしてみてください。

マフラーカッター

車体のカスタムによるバランスを取り持ってくれることもある「マフラーカッター」も、余裕があればカスタムしてみてはいかがでしょうか。

特にエアロパーツなんかをカスタムすると、車体のバランスが崩れている印象を受けることがありますので、そんな時はマフラーカッターを利用してみると改善できるかもしれません。

リヤスポイラー

シエンタハイブリッドの外観を重要視するカスタムとなれば、「リヤスポイラー」も外せないという方も多いのではないでしょうか。

リヤスポイラーはパッと目につくパーツです。

細部にまでこだわって外観を整えたいというあなたは、リヤスポイラーを取り付けてみてはいかがでしょうか。

 

これらに加えて、内装まで見た目を重要視するという方は、ステアリングやシフトノブを革巻きにしたり、インテリアパネルのカラーを変更してみてください。

次に機能性を重視したシエンタハイブリッドのカスタム方法です。



シエンタハイブリッドの機能性重視のカスタム方法は?

シエンタハイブリッドの機能性重視のカスタム方法について紹介していきます。

特におすすめの2つです。

革調シートカバー

シエンタハイブリッドの機能性重視のカスタムということなので、まず挙げられるのが「革調シートカバー」になります。

名前に「革」と入っているだけあって汚れなどがふき取りやすいです。

長く綺麗にシエンタハイブリッドを愛用したいという方は、必ず行っておいた方が良いカスタムです。

革巻きステアリング

次におすすめする機能性重視のカスタムは「革巻きステアリング」です。

こちらはどちらかと言うと、見た目を重要視するカスタムに取り入れても良いものですが、「革巻きにした方がハンドルの滑り防止にもなって安全運転に繋がる」という方も中にはおられるでしょう。

そういうこともあって「革巻きステアリング」はシエンタハイブリッドの機能性重視のカスタムにここでは挙げています。

高齢者さんやペットも一緒に乗る場合は…

ほかには、高齢者が乗るのであれば、「シートベルトパッド」や「アシストグリップ」などのカスタムパーツを取り付けてみてはいかがでしょうか。

機能性を重要視するカスタム方法ということは、その使用する方に合わせたカスタムを行うことが重要となります。

ペットも乗るのであれば「ペットシートカバー」もあります。

あなたの大切なシエンタハイブリッドは、使用する方にとって快適なカスタム方法でアレンジしていきましょう。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタハイブリッドのカスタム方法まとめ

シエンタハイブリッドのカスタムにおいて、おすすめでもあり人気のカスタムなのは、やはりエアロパーツセットの装着と革調シートカバーの設置です。

エアロパーツセットは外観のカッコよさをさらに引き立ててくれますし、革調シートカバーは車内の高級感や機能性を高めくれます。

どのカスタムを行えばいいのかわからないというあなたは、まずこの2点のカスタムを検討してみてはいかがでしょうか。

私がはじめて車を購入したときは、嬉しくてつい余計なカスタマイズをしていました。

先にも述べたように、カスタマイズのし過ぎは価値を下げてしまうこともあり得ます。

「改造」の域にまで達してしまうと、さらに価値を下げてしまうことにもなります。

あくまでもシエンタハイブリッドのカスタムは機能性を重視し、見た目はアクセント程度のカスタマイズ、にとどめておくのが良いのではないでしょうか。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら