シエンタ新型車のサイズ・燃費・価格グレード別まとめ!使い勝手はどうなのか?

新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

新型シエンタのサイズや燃費、価格のグレード別まとめ。果たして使い勝手はどうなのか?

2017年5月のフルモデルチェンジ以来、3列シート対応でファミリー層やアクティブ層を中心に人気を集めているトヨタのミニバン「シエンタ」。

車体も大きすぎず、小さすぎずで、女性やご高齢の方にも運転しやすく、乗り降りしやすい低床、両側スライドドアを備えたこのシエンタは、ミニバンというカテゴリーの中でも高い販売台数を誇ってます。

今回はシエンタ新型車のサイズや燃費、価格、そして使い勝手はどうなのか?というところを見ていきます。



シエンタ新型車のサイズ・燃費・価格グレード別まとめ

新型のシエンタは5ナンバーサイズでありながら、タイヤを車体の前後端に配置するロングホイールベースにより、7人乗りまでに対応する広い車内空間、最後列(3列目)でもある程度余裕があるスペースが確保されています。

まずはシエンタの新型車のサイズと燃費、価格をグレード別にまとめます。

HYBRID G(7人乗り・6人乗り)2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:27.2km/L

価格:2,329,855円~(税込)

HYBRID X(7人乗り)2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:27.2km/L

価格:2,226,763円~(税込)

特別仕様車 HYBRID G “Cuero”(7人乗り)2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:27.2km/L

価格:2,465,855~円(税込)

G (7人乗り・6人乗り)2WD/4WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:15.4~20.2km/L

価格:1,980,327円~(税込)

特別仕様車 G “Cuero”(7人乗り・6人乗り)2WD/4WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:15.4~20.2km/L

価格:2,116,327円~(税込)

X (7人乗り・6人乗り)2WD/4WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:15.4~20.2km/L

価格:1,816,363円(税込)

X “V PACKAGE”(7人乗り)2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:15.4~20.6km/L

価格:1,689,709円(税込)

G 車いす仕様車 タイプI“助手席側セカンドシート付”2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:19.6km/L

価格:2,280,000円(消費税非課税)

X 車いす仕様車 タイプI“助手席側セカンドシート付”2WD

全長(mm):4,235
全幅(mm):1,695
全高(mm):1,675
ホイールベース(mm):2,750
タイヤ&ホイール:15または16インチ

燃費:19.6km/L

価格:2,130,000円(消費税非課税)



シエンタ新型車の使い勝手はどうなのか?

先に紹介したように、シエンタの新型車は全てのグレードで5ナンバーサイズの大きさなので、7人乗りにもかかわらず車体の大きさはコンパクトにまとめられています。

新型シエンタは各グレードでボディサイズが同じなんですね。

極端に狭い道を走ることがない街乗りであれば十分に使い勝手の良いクルマだと言えます。

シエンタの新型車は、乗り心地や居住性の面については車内インテリアの質感向上はあるものの、ボディーのサイズやホイールベースも現行車と変わらずで、大きな違いはないものと考えられます。

シエンタは、もともと車内空間に余裕を持たせており、かつ普段の動きをサポートするような設計や装備が充実しています。

ここでは、使い勝手の面でシエンタの特に優れた2つのポイントを紹介します。

ポイント1:2列目シートスライド&リクライニング

105mmスライドし、最大で36度リクライニングする2列目シート。

左右独立して可動し、前席とのクリアランスも十分。

ですので、2列目シートはゆったりとくつろげる座席となっています。

ポイント2:乗り降りしやすい低床フロア、両側自動スライドドア

フロアを低くし、自動スライドドアの開口付近にアシストグリップを設けることで、乗降性を高めています。

また、2列目シートは簡単に折りたたむことが可能な設計で、3列目に乗り込み時の労力も大幅に軽減されています。

ちなみに、フロアは地上から330mmに設定されており、段差もありませんので、子供やご高齢の方もスムーズに乗車できます。

ポイント1、2からわかるようにシエンタの新型車は、4人以上でもスムーズに乗降できるような設計になっていて、かつラゲッジスペースも確保しやすく、ファミリーでお出かけするには使い勝手の良い車といえそうです。



シエンタ新型車では安全性がさらに充実!

シエンタの新型車では、「Toyota Safety Sence」が装備されていることで、安全性の面については大きく向上しています。

新しく装備される「Toyota Safety Sence」は、レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせた「プリクラッシュセーフティ」を採用することで、昼間の歩行者も検知できるようになります。

また、オプションとなりますが、駐車場などでのアクセルペダルの踏み間違い時の衝突被害を軽減するための安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を装備することも可能です。

シエンタ新型車の登場で、運転に不慣れな方やご高齢の方はもちろんのこと、安全性を重視するファミリー層の方にも、さらに使い勝手の良い車に進化したといえるでしょう。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタ新型車のグレード別サイズ・燃費・価格と使い勝手まとめ

ここで紹介した車体のサイズなどから、新型シエンタはコンパクトなボディの割に収納スペースも広く確保できて、それなりの燃費も期待できるので、ファミリーカーとしては総じて使い勝手の良い車といえるでしょう。

シエンタ新型車にラインナップされているグレードで、7人乗りと6人乗りで価格が実は同じなのです。

3列目シートは2列目シートの下に格納できますので、最初から荷物を置くスペースに利用しているユーザーが多いみたいですね。私の友人もシエンタに乗っていて、3列目シートは格納したままと言ってました。

コンパクトサイズのミニバン・シエンタが新型になっても人気があるのは、「遊び心があって使い勝手が良いファミリーカーだから」と言えるかもしれませんね。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら