シエンタの新型2018年の値引き額の限界は?100万以下で買える?

新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

シエンタだけではなく、新型車の購入には数百万円かかります。

そのため、家などと同様、一生涯でも中々ない高い買い物の一つになります。

そうなると、少しでも値引き額を増やしてほしいところです。

そこで今回の記事ではシエンタの新型2018年の値引き額の限界についてと、新型シエンタを100万以下で買えるのか?という内容でお届けします。

「新型シエンタの2018年値引き額の限界はいくらなのか?」

「シエンタの新型を値引きにより100万以下で買うことできるのか?」

シエンタの購入を考えている方はぜひこの記事を読んで、購入する際の値引き交渉の参考にしてみてください。



シエンタの新型2018年の値引き額の限界は?

シエンタの新型の2018年値引き額の限界は30万円前後となっています。

というのも、これは値引き相場から20%上がった額が値引き額の限界といわれているからです。

2018年のシエンタ新型の値引き相場が22万円であることから、22+(22×0.2)=26.4万円となり値引き額の限界は30万円前後なのです。

ただ、この値引き額の限界値である30万円前後というのは、あくまで販売店での状況により引き出される金額であります。

例えば、販売店でのノルマ状況、購入予定者の予期せぬキャンセル、新車ではあるが展示品である等々です。

ホイホイと簡単にシエンタの新型の2018年値引き額の限界である30万円を値引きしてしまうと、販売店側は損害を出してしまうことになりますので、そんなに簡単に値引きの限界額を提示することはできないのです。

ちなみに、2017年時の情報の中には、車両値引き額が45万円になったという例もありました。

上記で紹介したような状況等によっては、2018年の値引き額の限界値である30万円を超えて割引してくれることもある、ということを覚えておいてください。

こういった事例もあるということを覚えておけば、販売店側との交渉も幾分か行いやすいのではないでしょうか。

また、同じトヨタの販売店でも複数まわって車を探すことも大切です。

販売店によっては値引き額が大きかったり、車体以外のサービスを付与してくれることもあります。

 

それでは実際にシエンタの新型を値引いても100万以下で購入できないのでしょうか?



シエンタの新型を値引きにより100万以下で買えるのか?

さて、シエンタの新型を値引きにより100万以下で購入することはできるのでしょうか?

シエンタの新型車価格はガソリン車の場合で1,816,363万円~2,116,327万円で、ハイブリッド車の場合で2,226,763万円~2,465,855万円です。

この新型車価格からわかるように、シエンタの新型の2018年値引き額の限界である30万円を引き出したとしても100万以下で購入することはできません。

特にハイブリッド車はガソリン車よりも定価で30~40万円ほど高いので、なおさら100万以下での購入はむずかしくなります。

ただし、あくまでもシエンタの新型を新車で購入する場合の値引きであって、この場合に新型シエンタを100万以下で購入できないだけです。

中古車の場合ですと、車体本体価格が110万円~130万円程度のものもありますので、シエンタの新型の2018年値引き額の限界である30万円を引き出すことができれば100万以下での購入も十分に可能です(※中古車情報は価格.comのものになります)。

中古車は新車よりも車の状態は当然良くないことが予想されます。

その分購入するに際しての値引き交渉はしやすいかと思いますので、シエンタの新型を中古車でもいいから100万以下で購入したいという方はぜひ販売店を探して交渉してみてください。

 

車の購入にはディーラーと上手に交渉することも大切ですので、それを次に説明します。



まずは買取査定!シエンタの新型を100万以下で購入するには?

上記では、シエンタの新型を新車で100万以下で購入することは、値引き額の限界が30万円であることから不可能と言いました。

しかし、現在所有している車をディーラーに下取りに出し、シエンタの新型を購入するのであれば話は別になります。

下取りに出す車によっては高い下取り価格が提示されることも多くあります。

ただ、一つ注意してほしいのがディーラーに下取りに出す前に中古車買取業者に査定を依頼することです。

買取の査定額を提示することにより、ディーラーが提示する下取り価格に大きく影響することがあります。

複数の買取業者からの査定を終えた段階で、ディーラーに下取りの話を持っていきましょう。

そうすれば、ディーラーの下取り価格も上がる可能性が高まりますし、その下取り価格プラス値引き額によってはシエンタの新型を新車の状態で100万以下の価格で購入することも決して不可能ではありません。

また、車両本体を100万以下で購入することが難しい場合、オーディオをつけてもらったりするなど、車の車両以外のオプションなどをつけてもらう交渉もしてみましょう。

新型シエンタに限らず、車両価格以外にかかる費用分を販売店にも相談して、安くしてもらうのも上手な値引きの交渉術と言えます。

そして、値引きの交渉をするのはおたがい人間同士です。

誠意を持って担当者さんとは対応して、お客様として気に入ってもらえることも大切になります。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

最初は値引き額目標を低めに設定、ライバル車との比較も有効!

 

シエンタの値引き目標額は22万円となっています。

先に紹介したように、新型シエンタの値引き相場が22万円なので、このラインは最低値引きしてもらいたいところです。

ちなみに車体のみの目標額となっており、オプションを含めると24万円ほどの計算になります。

そしてシエンタの新型の2018年の値引き額の限界は30万円前後ですが、上記でも紹介したように、この値引き額を引き出すのはそう簡単ではありません。

交渉の仕方もありますし、何よりタイミングが大事となるため、中々狙ってできることではないのです。

なので、シエンタの新型を購入する際は、値引き額の限界である30万円をいきなり目指すのではなく、まずはシエンタの新型の値引き目標額である22万円を目指しましょう。

値引き額の限界である30万円より低い値引き額であるとはいえ、こちらも当然簡単に引き出せる値引き額ではありません。

しかし、30万円の値引き額よりもハードルが低いことは確かです。

そのため、まずはシエンタの2018年の値引き額の目標値である22万円を目指し、OKであれば値引き額の限界である30万円を目指してみることをおすすめします。

値引きをすると言うことは単純に考えて業者側の利益が減るということを意味しますので簡単ではありませんが、ライバル車を立てるなど工夫しつつ値引きにチャレンジしてみてください。

シエンタのライバル車はホンダの「フリード」ですので、二つを比較して頭に入れてから交渉することです。

何もリサーチせずに販売店に相談に行くのは控えましょう。

シエンタの新型2018年の値引き額の限界まとめ

新型シエンタの2018年の値引き額は30万円前後が限界との判断ですので、新車価格から見ると100万以下での購入はできません。

もし、どうしても100万以下での購入を望むというのでしたら、新車ではなく中古車もしくはディーラーに現在持っている車を下取りに出すと実現できる可能性があります。

状態によっては110万円程度で売られているシエンタの新型もありますし、下取りに出す車によっては高値での引き取りしてくれるという場合もあります。

また、下取りよりも買取りのほうが売却の金額が高くなることも多々あります。

買取りは下取りよりも手間はかかりますが、1円でも安くなるよう面倒でも最善を尽くしてください。

また、2018年9月にシエンタはマイナーチェンジが予定されてますので、この期間に一つ型落ちの車が値下げする可能性もありますので、車購入のタイミングも大切です。

なかなか目標の値引き額を勝ち取ることは簡単ではない、ということを心得ておきましょう。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら