シエンタの新型車価格の総額と値引き相場は?新古車・ハイブリッド

新型

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら

トヨタ自動車が2003年に初めて製造して以降、人気を獲得し続けているミニバン型乗用車であるシエンタ。

マイナーチェンジやフルモデルチェンジを重ねつつ、デザイン性機能性がどんどん良くなってきていますよね。

そんなシエンタについて今回の記事では新型車の価格総額、それに値引き相場はいくらくらいなのか、さらに新型車と新古車、ガソリン車とハイブリッド車で値引き相場が変わるのか、についても触れています。

また、シエンタ購入の際に値引きをしてもらうための具体的な方法も挙げています。

値引き方法を知らなければシエンタを購入する際に損をしてしまう可能性もあるため、この記事を読んでその方法についても知っておいてください。



シエンタの新型車価格の総額は?

まず、シエンタの現在の最新型は2015年7月に販売開始したシエンタの2代目となっている、シエンタ2015年モデルGとシエンタ2015年モデルXの2種になります。

そして、2015年に9月に販売開始したシエンタ2015年モデルG及びXのハイブリッド型です。

2017年8月1日に販売開始したシエンタ2015年モデルの特別仕様車「G Cuero」もあわせてシエンタの最新型になります。

これらのシエンタの新型車価格の総額について紹介していきます。

以上までの新型車価格の総額をまとめて紹介すると以下のようになります。

  • シエンタ2015年モデルG:\1,980,327円
  • シエンタ2015年モデルX:\1,816,363円
  • シエンタ2015年モデルハイブリッド型G:\2,329,855円
  • シエンタ2015年モデルハイブリッド型X:2,226,763円
  • シエンタ2015年モデルG“Cuero”:\2,116,327円
  • シエンタ2015年モデルハイブリッド型G“Cuero”:\2,465,855

※シエンタの新型車価格の総額は税込表記です。

公式サイトより調べた結果、シエンタの新型車価格の総額は以上のようになりました。

車の購入には車両本体の価格とプラスして、税金や保険など諸々の費用が30~50万円はかかりますので、これらも加味しておかないといけません。

シエンタの新型車がほしいという方はぜひ参考にしてみてください。



シエンタの新型車価格からの値引き相場はどれくらい?

新車を購入する際、一番考えるのがどれくらい値引きしてくれるのかではないでしょうか。

ということで、ここではシエンタの新型車価格の値引き相場について紹介していきます。

シエンタの新型車価格の値引き相場は大体25万円ほどになります。

これは価格.comで実際にシエンタ2015年モデルG、X、G Queroを購入した方の車体価格、オプション価格それぞれの値引き値を総合した平均の数字になります。

ちなみにシエンタ2015年モデルの最小値引きと最大値引きは、車体とオプション総合で0円~55万円です。

これは、シエンタの現在のところの新型である2015年モデルの値引き目標値は車体価格で22万円、オプションといった付属品を含めても24万円なので、値引き方法や下取りを行う車など、ケースによっては値引き相場を大きく上回ることもあることを意味しています。

シエンタの最大値引きである55万円という値引き値は、シエンタの目標値引き値をも上回る数字になりますからね。

また、2015年モデルの値引き目標値は車体価格で22万円、オプションといった付属品を含めても24万円という数値は価格.comから導き出した値引き値の平均ともほぼ一致します。

このことからも、やはりシエンタ2015年モデルの値引き値の相場は25万円ほどになることが分かります。



シエンタの新型を値引きしてもらうにはどうすればいい?

シエンタの新型である2015年モデルを購入する際に、25万円を確実に値引きしてくれるのかと言うと、決してそうではありません。

ディーラー側も値引きしないでも買ってくれるのであれば、当然値引きはしたくないからです。

実際に、シエンタでなくとも車を購入したことがある方の中には、「思ったよりも値引き額が上がらなかった」、「相場以下だった」という経験がある方もいるのではないでしょうか。

値引きせずに買ってくれるのであれば、それだけ売り上げが上がるということ、つまり自社の利益が上がることを意味しているため、それに越したことはないということです。

よって、シエンタの新型の2015年モデルを購入する際、上記で導きだした値引き相場である25万円に達するには、正しい値引き方法を行うかどうかにかかっています。

そして、正しい値引き方法はと言うとずばり、シエンタのライバルとなる車を引き合いに出すことです。

シエンタの新型、2015年モデルの特徴といえば7人乗りができるミニバン型で、後部座席がフルフラットにできることです。

他にもデザイン性が高く、女性にも人気ということもありますが、こちらについては他の車も同じようにデザイン性が高い物は多いためそこまで気にしなくても良いでしょう。

よってそれらを考慮したうえで、ライバル車を引き合いに出すとすると、挙げられるのはホンダのフリードです。

シエンタのライバル車としては有名なので、聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

このフリードをシエンタを購入する際に、引き合いに出すことで値引きを行ってもらえる可能性、そして値引き相場である25万円程の値引きを見込める可能性が高くなります。

車を売る際にも一括査定等を利用し、複数の業者に競合させた方が買取額が高くなるということは有名な話ですよね。

上記の通り、競合させると値引き額が上がるということは実際にあることなので、シエンタの新型モデルの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

 

下取りは必ず一括査定で!

⇒ シエンタを50万円安く買う方法はこちら

シエンタの新型車価格や値引き相場は新古車・ハイブリッドで変わる?

シエンタの新型車価格や値引き相場は、新古車やハイブリッド型で変わるのでしょうか?

少しでも価格を抑えてシエンタの新型を購入したい方からすれば、この点は非常に重要な点です。

しかしシエンタの新型車の新古車であっても、価格の総額はそこまで変わりません。

というのも、走行距離が10万キロのシエンタの2015年モデルでも、本体価格は237万円するという情報があるからです。

10万キロの走行があるので中古車というわけですが、中古車でもこれだけ高い値がついているため、新古車という未使用車であっても価格が安くなることは難しいと考えられます。

とはいえ、一般的に新古車は新車よりも安くなる傾向にあることもまた事実です。

この事実を踏まえると、数十万円単位で安くなることは無くとも、数万円程度であれば安くシエンタの新型車である2015年モデルを手に入れることができると思われます。

よって、シエンタの新古車における値引き相場についても、上記で紹介したシエンタの値引き相場である25万円前後と考えられます。

次に、シエンタの新型車価格や値引き相場はハイブリッド型で変わるのか?についてです。

先に紹介した、新型車価格の総額を見ればわかる通り、シエンタの新型である2015年モデルの価格はハイブリッド型かどうかでその総額が変わり、ハイブリッド型の方が30万円程度高いです。

そしてシエンタの新型、2015年モデルのハイブリッド型の値引き相場ですが、こちらも価格.comの車体値引き値、オプション値引き値から平均を算出したところ、やはり25万円でした。

なので、シエンタの新型車である場合、ハイブリッド型であるかどうかに関わらず、値引きの相場は25万円程度ということになります。

ただ、価格についてはハイブリッド型の方が30万円程度高額になるため、その点を考慮しつつ、車選びの参考にしていただければと思います。

シエンタの新型車価格の総額と値引き相場、新古車・ハイブリッドのまとめ

ミニバン型モデルとして長く愛されてきたシエンタの一代目。

その一代目をさらに進化させ、さらなる人気を獲得しているのが2015年に販売開始したシエンタの新型モデル、シエンタ2015年モデルG、シエンタ2015年モデルXです。

新古車含め、値引き額の相場はガソリン車もハイブリッド車も25万円ほどですので、シエンタの新型である2015年モデルを少しでも安く購入したい方はライバル車を引き合いにだしてみてください。

今回の記事が「シエンタの新型がほしい!」という方の役に立ちましたら幸いです。

シエンタを値引き金額から更に50万円安くする裏ワザとは?

新車に買い替えたくても、
車は高価な買い物ですので
なかなかサクッとは買えないですよね?

「車ほしいんだけど…高いっ!」
「ボーナスは家のローン返済があるし…」
「頭金つくるのもしんどいなあ…」
「値引き交渉が苦手だし…」
「ディーラーをたくさん回るのは大変…」
「しかもディーラーの売り込みがイヤ!」
「どうせなら最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

シエンタの情報をネットで調べたり友人に聞いても、車の性能のことばかり。

車を安く買う方法なんて誰も知りません。

家族に相談しても、
「新型のシエンタなんて高いじゃない!」
と一蹴。

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

でも新型シエンタがほしい…

そんなあなたにピッタリの裏技をご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

入力1分!
査定だけなら完全無料です。

安心車.jpの無料一括査定はこちら